• Rebellion行政書士事務所がTAKOGIVERとしてリニューアルします

コロナウィルス対策で様々な支援策が矢継ぎ早に出されており、お客様から資金繰りに関する相談を受けることがあります。
その時に多いのが雇用調整助成金に関する問い合わせです。
雇用調整助成金に関しての情報を提供することはできますが、行政書士は法律上、作成、申請の代行はできません。
そこで、企業・個人事業主の方の相談にスピーディーかつ具体的に対応できるよう、提携できる社会保険労務士さんを募集します。
立場、スキルは違っても同じ社会正義を実現し、お客様へサービスを提供する者が力を合わせてこの危機を乗り越えて行きたいと思いますので、力を貸していただければ幸いです。

提携に関する条件は以下のとおりとなります。
ご興味のある方は、メールまたは電話にてご連絡ください。

(提携条件)

お客様の問題解決を最優先できる事業者
お客様に違法なアドバイスはしない事業者
お客様との契約を個別にお願いできる事業者
※当事務所が間に入ることはしません。
お客様との信頼関係を構築できる事業者
具体的には、お客様との間で適正な報酬を決められる方です。
なお、当事務所は仲介料を一切とらないので、その分、お客様との信頼関係が重要になります。
基本、社会保険労務士単独事業の事業者
※ダブルライセンスの事業者については、個別に業務をお聞きしてからお願いするかを検討します。キャリアコンサルタントや産業カウンセラーのようなライセンスをお持ちの方はこちらからお願いしたいと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA